流暢に日本語を話す外国人をみて、自分の勉強不足を痛感する

中学生の時から英語を勉強し始めて、もう10年以上も経過していますが、まだまだバイリンガルには程遠い英語力です。

社会人になった後も、勉強していたつもりだったのですが、今日は改めて勉強不足であることを感じました。

そのきっかけを与えてくれたのは、日本語を流暢に話す外国人の姿でした。

テレビを何気なく見ていた時に、外国人と結婚したという日本人が紹介されていて、その夫として出てきた人でした。

海外に住んでいた夫婦であったので、夫として外国人が出てきた時は、日本語を話すことなんて期待していなかったので、日本語を話し始めたことにはとても驚きました。

それだけでなく、その日本語がとても日本語として自然で、発音も訛りがなくきれいだったことです。

外国語を勉強する身としては、その人が話す日本語を聞いてからは、その人に対しては、日本人妻を持つ外国人というよりも、日本語を外国語として完璧にマスターした人として捉えるようになりました。

そして、英語を長年勉強していながらまだまだ英語を流暢に話せない自分が恥ずかしく思えてきました。

ただ単に勉強不足に過ぎないのですが、今まで仕事の忙しさを理由にして努力していなかったと振り返りました。

日本語をマスターした外国人の夫の夫婦生活よりも、一体どうやって日本語を外国にいながら勉強し続けられるのかという疑問のほうが気になり、その番組を見ている時は、

すっかり番組の内容はお構いなしに、英語の勉強をもっと頑張らなきゃと思っていました。

語学の勉強には、やはり努力するしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です